売買の呼吸がポイント

つまりチャート分析だけによって行う“株式投機”を行う場合は、手法の特性上、売買の呼吸がポイントなのです。でもこのころあいを外してはいけないというのは非常に難しいことです。 【金融商品】ストップロスについて⇒できる投資家しか、取引で儲けることがないのです。発生してしまった損をみずから認めることができる肝っ玉を持つことが最重要である。もし、ストップロスが不可能な状況ならば、投資はしない方がよい。

続きを読む

金融システムこそ経済の重要な動脈と同じ

投資する株だけでいいと、株式の動向だけを注意しているようでは、為替の動向を原因として株式市場の価格が変動した際、その株価の変化の理由が理解できず、その後の変化にうまく対処することができないと予想される。 つまり外貨MMFについて。現在、国内で売買が許可されている外貨商品である。外貨建ての商品でも外貨預金と比べて利回りがかなり高いうえ、為替変動の利益が非課税として取り扱われる魅力がある。興味があれ

続きを読む

機関投資家とは

金融取引でそれなりの利益を得るには、誰でも危険性を背負う必要があるわけだが、投資の種類や投資のスタイルを巧みに選ぶようにすれば、いくらか危険性を避けることが実現可能と考えられる。 【基礎】テクニカル分析は、株式や商品取引さらに為替等の取引において、これまでに起きた取引における時間ごとの動きから、今後の価格の動きを予想及び分析しようとする手法です。 もしも、投資のための情報収集が苦手とか時間が足

続きを読む

金利・株式・為替について

【金融商品】金利だけでなく株式や為替の3つの動向に関連して値動きする金融商品に投資しておけば、たとえ株式で損失を被っても、ほかの金利、為替で発生した利益で補え、発生した損を低く抑えることが可能なのである。 このように我が国の金融・資本市場の競争力等を強化する為に行われる規制緩和だけではなく、金融に関する制度の更なる質的向上の実現を目指す活動等をすすめる等、市場だけではなく規制環境の整備がすでに進

続きを読む

平成10年12月に何があった

兜町(中央区)にそびえる東京証券取引所(株式会社東京証券取引所及び東京証券取引所自主規制法人の2つの法人から成る)のすぐ南隣に、みずほ銀行(MHBK)兜町支店が建っているのです。維新間もない1873年、後に世界を代表する金融街となるこの地に日本で初めての国立銀行である「第一国立銀行」が設立されたのです。 これからは安定的であることに加えパワーにあふれたこれまでにない金融市場や取引のシステムを構築

続きを読む