スウィーブサービスの意味

【解説】eワラント:満期の際の権利の対象になっている資産を有価証券として発行して販売する金融派生商品(デリバティブ)なのであって、名門といわれるゴールドマン・サックス・インターナショナルが発行しているヘッジ手段としても利用可能なカバード・ワラント(オプション取引の一種、オプションを証券化したものを指すことが多い)のことです。
認可法人預金保険機構が支払う保険金の補償額(ペイオフ解禁後)は預金者1人当たり1000万円(当座預金など決済用預金は全額)である。同機構は日本政府そして日銀合わせて民間金融機関全体がほぼ同じだけ出資しているのであります。
【金融用語】REITって?不動産への投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)を意味する日本語での表現であります。ただし例外的に、いわゆる投信法の定義のとおりの日本版REIT(J-REIT)のことだけを単にREITと呼ぶことがある。
【用語】金融ビッグバンはご存じのとおり、20年近く前に日本で村山内閣が退陣した1996年から平成13年まで約5年間行われた記憶に鮮明な国をあげてのわが国では初めてとなる金融制度改革を表す経済用語です。
もしも、投資に関する研究が不得意だったり、どうしても時間が少ない人は、取引の専門家に資金運用をお願いするとか、勉強や研究がそれほど重要ではない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)などを選ぶべきである。

【常識】株式累積投資:株式をまるで積立貯金のように定期的な購入ができる株式累積投資(るいとう、指定した銘柄を、定期的に定額で買い付けることができる商品)は、株価の大きな変化を抑えることができるドルコスト平均法を利用している。このように株の購入価格を平均化することによってリスクを減らすことが可能だ。
【紹介】アセットアロケーション:金利と株、為替は強く関わり合っており、3つ全ての動向を注目することが常識。投資しようとする金融商品のみならず、他の商品にも必ず分散して上手に投資する方法が不可欠です。
【知っておきたい】「仕手」の基礎。計画的に株式価格の上げ下げを実行する投機手段なのだ。これは違法行為なのだが、現実問題として、この仕手が行われなくなることは無いと思われる。
【ポイント】金融ADR制度の基礎。増加する金融関係の分野について裁判以外で紛争の解決を図る制度(ADR)であって、金融機関の商品やサービスに関する紛争を簡単かつ短時間で片づける方法として位置づけられているのだ。
いわゆるスウィーブサービス⇒銀行の預金口座と(同一金融機関・グループの)証券の取引口座、この2つの口座間で、株式等の購入資金、売却益などが自動的に振替される有効なサービス。同一金融グループによる顧客囲い込み戦略なのです。

【投資の前に】金融商品や金融サービスというものには、どうしても、商品やサービス自体に不確定さを内在しているので、投資者が金融商品やサービスに投資する際は、そのような危険性があることを理解したうえで取引が当たり前である。
影響を受けて投資信託の対象商品でも、投資家の間ではコストを軽減することができる販売手数料不要のノーロード(No-load) 型や、分配金が出る分配型や、指数連動ということで値動きがわかりやすいインデックス型(商品指数などの指数(インデックス)に連動)などが目立って注目の的となっているのである。
【常識】スキャルピング:デイトレード(1日に何度も取引を行う売買手法)の中でも、特に数秒とか数分の間に1、2ティック株価が上下するのを認識したら売買も反対決済も成立させる手法を称して「スキャルピング」(「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」)というのである。
麻生内閣が発足した平成20年9月15日に、アメリカの大手投資銀行グループ、リーマン・ブラザーズの経営が立ち行かなくなったことはご存じだろう。この誰も予想しなかった大事件がその後の世界的な金融危機のきっかけになったので「リーマン・ショック」と名づけられたというのが事実である。
【用語】コール市場という言葉は、銀行間取引のうち短期金融市場の代表である。コール市場の「コール」というのは英単語の「call(呼ぶ)」で、呼べばすぐに返事が返ってくるくらい期間の短い市場の動きをするため。

コメントは受け付けていません。