チャート分析だけの“株式投機”での取引は

【重要】「投機」⇒企業そのものの内容や経営状態などとは全然関係無い取引で、機械的に株式の売買を繰り返すことによってキャピタルゲインという“利ざや”目的の株式投資の手法です。
設立40周年を超えた認可法人預金保険機構の保険金のペイオフ解禁後の補償限度額は預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円のみ。預金保険機構は日本政府、日本銀行、加えて民間金融機関全体が約3分の1ずつ出資していることを忘れてはいけない。
金融において投資の意義というのは保有する資本を経済市場・経営活動を通じてリスクもある投資対象を選択して投じることなのである。投資する対象は多様な種類の投資(金融)資産があるのです。
きちんと知っておきたい用語。ペイオフってどういうこと?予期せぬ金融機関の倒産をしたことに伴い、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護の対象となった預金者(法人等も含む)の預金債権に、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
【トラブルに備えて】金融商品や金融サービスなど投資の対象となるものには、商品やサービスの性質上、商品やサービス自体に投機的な性質が内在しているので、金融商品やサービスに投資をする者は、そのようなリスクが必ず存在することを納得したうえでの取引するべきだ。

【重要】FX(margin Foreign eXchange trading)はささやかな資金の預入しかできなくてもとても大きな金額の取引が可能です。しかし手にすることができる利益が大きくなるのだが損失もとんでもない金額になる可能性があり、まさにハイリスク・ハイリターンの商品。
ご存じのチャート分析だけの“株式投機”での取引は、売買のチャンスがポイントなのです。しかしながらこのめぐりあわせを上手く掴むというのはとても難儀なことです。
【常識】eワラントの基礎。満期の売買の権利の対象になっている資産を証券化(広く資金を集めることができる)して販売する金融派生商品(例:くりっく365など)のひとつ。有名なゴールドマン・サックス・インターナショナルの発行するカバード・ワラント(オプション取引の一種)のことなのだ。
平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行によって実施されているサービスは一部を除いて郵便貯金に関して規程している郵便貯金法に基づく「郵便貯金」の扱いではなく、銀行法(銀行に関して規定する法律である)の規定に基づく「預貯金」を適用した商品ということ。
【投資の前に】J−REITは、あまりなじみがないかもしれないが投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)の規定に基づいて成立される。このJ-REIT(ジェイ・リート)のパターンとしては、投資信託 (上場されているものには選択されていない)および投信法に基づく投資法人(上場されているものは現在すべてこの形態)の二つの形態。

【経済の基礎】テクニカル分析について⇒株式と商品取引そして為替等の扱われる市場において、これまでに見られた実績における時系列に沿ったパターンから、今後の市場の取引価格の変化を予想及び分析しようとする手法のことです。
【ポイント】アセットアロケーション:金利と株そして為替は緊密に関わり合っており、3つともの動向を常に注目することが肝要。投資しようとする商品のみならず、他の分野の商品にも分散して上手に投資することが肝要です。
【基礎】金融商品について⇒わが国の法律上、有価証券の発行・売買などについて規定した金融商品取引法(金商法)の定めに則って、決められる認識なのであって、有価証券や外貨取引に加えて金融デリバティブなどを包含している。
【知っておきたい】ストップロス⇒出来なければ、取引で儲けることが出来ません。あきらめざるを得ない損を自分で認めることのできる勇気を持つことが最重要であり、ストップロスが出来ない状態であれば、投資はしてはいけない。
【ポイント】株の取引を例に言えば、個人の投資家が取引している形態は、実際に証券会社へ出向いての窓口とか営業を通す人間同士が顔を合わせるでの取引よりも、ネットを経由したオンライントレード取引が主流です。

コメントは受け付けていません。