テクニカル分析をしてみよう

【重要】「仕手」:故意に株式価格の通常にはない操作を実現させる投機手段なのです。こういった行為は違法行為。しかし現実にはこの行為が株式市場で消えることは無いと思われる。
金融庁では第一に市場規律と自己責任の原則を土台とし、はっきりとしたルールに基づいた透明かつ中立的な金融行政を実現させることを目指して、専門性の高い検査並びに監督を常に実施しているのである。
投資することで利益を得るには、どうしてもリスクを背負う必要があるわけだが、豊富にある投資の種類とか投資の方法を上手に選ぶようにすれば、かなりの危険性を避けることが可能と思われる。
【金融用語】金融機関の役割⇒資金貸借や資産運用など金融取引に関係した業務を行う法人や企業などのことを意味する。この言葉はせまい意味では銀行などの預貯金取扱金融機関のみを指しているが、広義には保険会社や証券会社、ノンバンクなども含む。
【解説】保険:予想外の事故のせいで発生した主に金銭的な損失に備えるために、同じような多数の者が少しずつ保険料を出し合い、集まった資金によって保険事故が発生した際に保険金を給する仕組みである。

【用語】外貨MMFの内容⇒日本国内でも売買してもよい外貨商品である。外貨預金と比較して利回りがよく、為替の変動によって発生した利益が非課税というメリットがある。さっそく証券会社で購入しよう。
【投資の前に】テクニカル分析:株式や商品取引そして為替等の取引で、これまでに見られた現実の実績における時間を追った動きから、今後の市場の取引価格の動きを予想し、分析しようとする手法ということ。
いわゆるスウィーブサービスはどんな仕組み?普通預金口座と証券取引口座(同一金融機関・グループの)、この2つの口座間で、株式等の購入資金、売却益などが自動振替される画期的なサービスである。同一金融グループ内での顧客の囲い込み作戦です。
【解説】TOPIX(トピックス、東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数を1秒ごとに計算)に連動させたETFを購入して運用する⇒東京証券取引所一部に株式公開中の2000近い全銘柄を購入するのと極めて近い好影響が期待される。
多くの保険会社が加入する日本損害保険協会は、日本における損害保険業界の健全な進展そして信頼性の増進を図り、これにより安心で安全な社会を形成することに役立つことを協会の目的としているのだ。

【常識】株式投資では、常に現物取引(投資金額までの取引)でのある程度長期的な投資を行うスタイルを考えるのであれば、大きすぎるリスクを背負うことがない状態で資産の運用ができる。
【解説】テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、意思疎通が電話連絡で行われて成立するマーケット)のなかでとくに有名な市場といえば、まずインターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う銀行間取引市場。取引に参加できるのは金融機関に限定。取引短資会社が仲介している)の外国為替市場(外国為替取引が行われる市場。外為市場とも)や銀行間取引のうち1年未満の資金貸借を行う短期金融市場であるコール市場など。
【投資】為替市場の動きに素早く応える身の回りの商品を挙げるとするならば、外貨預金(米ドルなど外国通貨による預金)や外貨MMF(MMF:公社債(国債、社債など)や短期金融資産で運用される投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)などです。
つまりMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で運用して利益を求める投資信託のことを指す。取得から日をおかず(30日未満)に解約希望の場合、残念ながら手数料に違約金分も必要となるのである。
【重要】ストップロスについて⇒できる人しか、投資でことはできません。発生してしまった損を認めることが最重要であり、ストップロスが出来ない取引ならば、絶対に投資はやめておいたほうがよい。

コメントは受け付けていません。