デイトレードは儲かる?

投資という言葉は、経済において、これから先の資本や価値(生産能力)などを増加・補強させるために、今、現在の金銭や株式などの資本を投じる活動を意味する。ただし、広い意味では、自己研鑽や人間関係においても用いられている言葉です。
もしも、投資のための取引について必要な情報収集が嫌いだったり、どうしても時間がない人は、取引の専門家に資金運用をお願いしてみる。あるいは情報収集がさほど必要のない商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)などでの取引を選んでほしい。
日本橋に本部を置く日本証券業協会とは、証券会社等の株券などの有価証券に関する売買等の取引業務を公正、そして円滑にし、金融商品取引業の堅実な進歩を図り、投資者を守ることを目的としているのだ
【経済用語】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行う売買手法)のうちでも、特に数分の間に1、2ティック株価が値動きしたことを察知して売買や反対決済を行う手法のことを称して「スキャルピング」(scalping)と呼ぶのだ。
【投資】金融商品またはサービスでは、どうしても、商品やサービスに投機的な性質が内在している。だからこそ金融商品やサービスに投資する際は、そのようなリスクが必ず存在することを前提にして取引を行うべきである。

15年近く昔の西暦1998年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として大臣を組織のトップである委員長と決められた新しい組織である金融再生委員会を設置し、官僚を長とする金融監督庁は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管理下に3年弱据えられたことが多い。
このように株としっかりと関わり合っている商品なら、投資信託であったり株式などです。こういった株に近い金融商品に取引すると、結果として株の動向を更に感じられるようになります。
金融という考えの下では投資の意味は、保有する資本を経済あるいは経営活動を通じて危うさの存在する投資対象に出資すること。投資する対象には様々な種類の金融商品・投資資産があるのだ。
【経済用語】金融商品って?法令では、証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法(金商法)の定めに基づいて、定義されるとらえ方でありまして、有価証券や外貨取引そして金融デリバティブなどを包含する。
【豆知識】株式累積投資:株式をよくある積立貯金のように定期的に購入可能な株式累積投資(るいとう、指定した銘柄を、毎月、一定の額で買い付けることのできる制度)は、株の価格の激しい変化を抑制できるドルコスト平均法を採用しているため、、株式を購入する価格を平均化することによってリスクを低減がさせることが可能なのです。

結局金融の世界では、具体的な経済活動が伴う実体経済に向けての資本の投下に立ち戻っていく。だから、資産を大切に育てて長期投資で経済成長を投資によってさらに進めていけるはずです。
よく聞くコトバ、バブル経済(日本では昭和61年からが有名)とは何か?不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産の市場での取引金額が過剰な投機により実経済の成長を超過してなおもありえない高騰を続け、最終的には投機による下支えができなくなるまでの状態を指します。
よく引き合いに出される「銀行の経営がどうなるかはその銀行に信頼があってうまくいくか、そこに融資する値打ちがないものだと認識されて順調に進まなくなる、このどちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
【トラブルに備えて】ストップロス。これが、できる状態でなければ、売買で勝つことができないのです。どうにもできない損を自分で認めるということが不可欠である。もし、ストップロスが出来ない状態であれば、投資はお勧めできない。
信用格付機関による格付けを活用するメリットは、膨大な財務に関する資料を理解することが無理でもその金融機関の財務の状況や経営状態が判断できるところにある。ランキング表を使えば複数の金融機関を比較することまで可能なのである。

コメントは受け付けていません。