トレーダーになりたい人へ

【投資】株売買について注目してみれば、個人投資家の取引は、実際に証券会社の窓口の利用または営業マンを通す対面取引よりも、すでにネット環境を利用するオンライントレードのほうがメジャーになっている。
【常識】株式取引では、株発行している企業の成長によって、その効果でキャピタル・ゲインに対するインカムゲイン(和製英語:配当・利息などの収入)といった収益を手にすることができる。
どうしても金融の世界では、資産経済ではなく、生産販売や設備投資など、具体的な経済活動が伴う実体経済に対して投資に最終的に立ち戻っていくのである。したがって資産を長く保有して長期投資で日本の経済成長をさらに拡張させていけるはずだ。
いわゆるバブル経済(日本では91年まで)の内容⇒不動産、株式などの時価資産の取引金額が過剰な投機によって本当の経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの状態を指すのである。
【ポイント】外貨預金なら銀行で購入可能だけど、外貨ではない円預金とは異なる扱いで預金保険制度(金融機関が破綻した際は預金者等を保護する)の保護の対象とならない預金です。MMF(MMF:公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用し利益を得る投資信託)は、ネット銀行または証券会社等で購入することができます。

世にいう「投機家」とか「トレーダー」が普通の「買い」に加えて、多くの場合は空売りという方法による「売り」からも入るのに対して、一般的な投資家はよほどのことがない限り、「買い」から入るものである。。
最近では日本の金融・資本市場の競争力等を高めることを目的とした規制緩和だけではなく、金融制度の更なる質的向上の実現を目指す取組や試み等を促進する等、市場環境と規制環境の整備が着実に進められているのだ。
紹介のあった、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)が投資信託などファンドを発売し、適正に運営していくためには、本当に想像できないほどたくさんの「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が規定されているのである。
【常識】カバード・ワラントって?ゴールドマン・サックスが扱うeワラント(対象原資産を証券化した金融派生商品)およびポケ株ワラントなどの初心者向けの商品があり、どれも基本的に少ない資金から売買することができる特徴が大きな魅力なのです。
今後、安定的であることに加え活気にあふれたこれまでにない金融に関するシステムの実現のためには、民間企業である金融機関と政府がお互いが持つ解決するべき問題に精力的に取り組んでいかなければいけない。

どこの国でも、偽造・盗難キャッシュカードあるいは振り込め詐欺、さらにインターネット・バンキング使用時におけるIDなどの個人情報詐取されたために起きた損害等、これまでにはなかった銀行取引に関係した金融犯罪の急激な増加が深刻な社会問題となっているのだ。
投資したいのは株だけだと言って、株式の変化だけに注意していると、為替市場の変化が響いたことで株価が変動した際、その株価の上下の理由に気づくことができず、その後の変化に対処できない可能性が高い。
多くの場合、すでに上場済みの企業なら、企業の運営のためのものとして、株式だけではなく、さらに社債も発行するのが一般的。株式と社債の違うところは、返済義務であるから注意が必要。
【学習】ファンダメンタル分析って何?⇒株式銘柄とか市場の根本的な情報を分析し、見通そうとする手法のこと。先物取引とか為替では、経済や金利や製品、賃金などといった、企業経営の全般的な状況に着目するのだ。
【解説】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債(国債など)や短期金融資産で運用し利益を得る投資信託のことを言います。あまり知られていないが取得してから30日未満に解約希望の場合、手数料になんと違約金も合わせて請求されるというものです。

コメントは受け付けていません。