売買の呼吸がポイント

つまりチャート分析だけによって行う“株式投機”を行う場合は、手法の特性上、売買の呼吸がポイントなのです。でもこのころあいを外してはいけないというのは非常に難しいことです。
【金融商品】ストップロスについて⇒できる投資家しか、取引で儲けることがないのです。発生してしまった損をみずから認めることができる肝っ玉を持つことが最重要である。もし、ストップロスが不可能な状況ならば、投資はしない方がよい。
【解説】テクニカル分析について⇒株式及び商品取引さらに為替等の扱われる取引において、過去にあった取引実績におけるパターンから、今後の市場の取引の変化に関して予想し、分析しようとする手法です。
【金融商品】金利に限らず株式、為替の価格の動きに関連して値動きする商品に分散して資産投入することで、株式で損失を被っても、金利であったり為替での利益で補え、損益をうまく抑えることが可能なのだ。
銀行を意味するバンク(bank)について⇒イタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)に由来する。ヨーロッパでは最古の銀行。600年以上も昔、当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立したサン・ジョルジョ銀行であるという。

世界屈指の金融センターである兜町を代表する東京証券取引所(株式会社東京証券取引所及び東京証券取引所自主規制法人の2つの法人から成る)のすぐ南隣に、平成14年にみずほ銀行第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の分割・合併により誕生した兜町支店が建っています。太陽暦が導入された1873年、後に日本一の金融街となるこの場所にわが国で初めての国立銀行である「第一国立銀行」が創設。
【金融用語】金融機関:金融の取引に関する事業を営む法人や企業などのことだ。ただし、せまい意味では限定して預貯金取扱金融機関だけであると言えるが、広義にはそれ以外の保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。
【重要】TOPIX(トピックス、東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数を1秒ごとに計算)に連動するタイプのETFを手に入れるということは、つまり東京証券取引所一部株式公開中の2000近い全銘柄の株式を保有するのと同じ程度の威力が予想可能。
間違えやすいけれど、金ETF(Exchange Traded Fund)の詳細。常に需要の高い金の相場に連動する(実際に発行額と同額の金を保有しているものと金の価格に連動するように公社債に投資するものなどがある)上場投資信託(証券取引所で取引される投資信託)。取引のある証券会社で売買できるということで大変手軽な商品だが、証券会社への手数料が差し引かれることに注意。
簡単にわかる解説。外貨預金について。銀行が扱っている外貨建ての商品のことで、外国の通貨で預金する商品の事。為替変動によって発生する利益を得られる可能性があるが、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。

その日だけで何回も売買注文を繰り返すという手法の「デイトレード」と比較して、1日ではなく、数日程度の短期的な数日間の持ち越しを行う取引方法を「スイングトレード」(さらに長く数週間程度になると「ポジショントレード」)と呼んでその日だけで何回も売買するデイトレードとは区別するのだ。
小惑星探査機「はやぶさが話題になった平成22年9月13日、日本振興銀行が突如経営破綻という事態に陥った。この破綻で、はじめてペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、預金者全体の3%程度、しかし数千人が、適用対象になったと推計されている。
巷で言われる「重大な違反」なのかそうならないのかは、監督官庁である金融庁が判断をするものです。大部分のケースでは、つまらない違反がわんさとあり、その作用で、「重大な違反」認定する。
金融市場を管理する金融当局は、市場のルールや当事者による自己責任の原則を基本的な考えとし、明快なルールに基づいた透明かつ正しい行政の執行を徹底することを目的に、特に専門性の高い検査及び監督を実行しています。
西暦1998年12月、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として委員長は国務大臣とされた機関、金融再生委員会が設置され、金融監督庁(金融庁)は平成13年1月の金融再生委員会廃止まで、その管轄下に3年弱整理されたわけです。

コメントは受け付けていません。