投機という手段は

【トラブルに備えて】ストップロスという技が、出来ない人は、儲けることは不可能です。潔く損を自分で認めることのできる勇気を持つことが重要であり、ストップロスが無理だというのならば、投資はしてはいけない。
民営化されたゆうちょ銀行によって取り扱われているサービスは一部を除いて古くからの郵便貯金法に定められている「郵便貯金」としては扱わず、民営化後は銀行法の規定による「預貯金」に準ずるサービスである。
金融商品の仕組み。金ETF(Exchange Traded Fund)とは?⇒金の相場に連動させる上場投資信託(証券取引所で取引される投資信託)という仕組み。普段利用している証券会社でも売買できることから手軽なのだが、証券会社への手数料が必要。
運用にかかる費用は0.1〜1%くらいとなっているので、インデックスファンド(商品指数などの指数(インデックス)に連動)も含めたほかの投資信託の運用コストと比較すると低く定められており、投資商品として長期投資を希望する際に向いている商品と考えられているのです。
ということで投資信託の対象商品でも、投資家の間ではコストを軽減することができるタイプである販売手数料がかからないのノーロード型とか、分配金が出る分配型、さらには指数(インデックス)連動であって、わかりやすいインデックス型(商品価格などの指数(インデックス)に連動)が特に投資家の注目を集めているのである。

「はやぶさ」の無事帰還が話題になった2010年9月13日、日本振興銀行が突如破綻してしまった。この破綻で、ついにペイオフが発動することとなり、全預金者のうち3%程度といっても数千人が、適用対象になったと噂されている。
【経済用語】eワラントって?満期の際の権利の対象になっている資産を証券化(低コスト化が可能)して販売する金融派生商品のひとつである。名門のゴールドマン・サックス(Goldman Sachs、NYSE: GS)の発行するヘッジ手段としても利用可能なカバード・ワラントのことです。
中国で四川大地震が発生した2008年9月に、アメリカの超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが誰も予想しなかったことに経営破綻したというニュースが世界中を駆け巡った。このニュースがその後の歴史的金融危機のきっかけになったため「リーマン・ショック」と呼ばれたのです。
【常識】金融商品の基礎。法令上、証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法により、規定されている意義です。これには有価証券だけではなく外貨取引・金融デリバティブなどを包含している。
【豆知識】金利や株式、為替の価格に連動することができる商品に分散して資産投下しておけば、たとえ株式で損失が出ても、ほかの金利と為替で発生した利益で補え、発生した損益の動きを抑えることができるのだ。

【ポイント】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引:外国為替証拠金取引)で儲ける方法に関する知識。為替の動きによるものである為替差益による方法と、取引する通貨の金利の差額によって儲けるスワップという方法のふたつがあり、二つとも重要です。
【用語】金融商品や金融サービスなどのほとんどは、どうしても、商品やサービスの性質上、多かれ少なかれ商品やサービス自体に不確定さを内在しているので、投資者が金融商品やサービスに投資する際は、そんなリスクが存在することを知ったうえでの取引を行うのが原則。
投資のための研究が苦手とか、どうしても時間が足りない場合は、専門家(プロ)に自己資金の運用を任せてみるとか、研究がそこまでは必要のない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)などでの取引を選択するのが常識。
【投資の前に】「投機」という手段は、株式を売買する企業がどのような業務内容・経営状況なのかなどとは全然無関係な取引である。単に株式の売買を繰り返すことばかりでキャピタル・ゲイン(capital gain)という売買利益を得ることを目的をした株式投資の手法ということ。
そのとおりロイズって何?シティ(ロンドンの金融街)にある世界的に著名な保険市場なのである。法の定めにより法人であるとされた、ブローカーやシンジケートが会員である保険組合を指す場合もある。

コメントは受け付けていません。