為替市場の動向

【常識】為替市場の動向に機敏に対応した動きがある取引しやすい商品ということなら、外貨預金(円以外の外国通貨による預金)や外貨MMF(MMF:公社債(国債、社債など)や短期金融資産で運用される投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)などだ。
【投資の前に】ネット証券が出現したことで各種取引に必要な売買の手数料は、ここ数年で数百円ほどまで下がり、簡単に誰でも取引も情報収集も可能な状態に遂になった。
【解説】日本経済は勿論のこと、世界経済を知る為には、金融及び経済の基本である株や金利、為替を知る事が必要なのです。なぜなら株価と金利さらに為替はぴったりと関わりあっているからだ。
覚えておこう、保険とは、突然発生する事故により発生した財産上の損失の対応のために、よく似た状態の複数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、準備した資金によって予測不可能な事故が発生した者に保険金を給する制度ということ。
知っているようで知らない。金ETF(Exchange Traded Fund)についての基礎。根強い人気の金の相場価格に連動している証券取引所で取引される投資信託(上場投資信託)のこと。なじみのある証券会社でも売買できるという点が大変手軽でよいのだが、証券会社への手数料がかかることに注意。

覚えておこう、ロイズとは?⇒シティ(ロンドンの金融街)にある規模・歴史ともに世界有数の保険市場を指す。イギリスの法の規定に基づき法人化されている、ブローカーおよびそのシンジケートが会員の保険組合を指す場合もあります。
【トラブルに備えて】金融ADR(Alternative Dispute Resolution)とは、金融関係の分野の中で裁判以外の紛争解決制度(ADR)のことであって、金融機関の商品やサービスに関する紛争を簡単に素早く片づける方法として確立されている。
全てと言っていいほど上場している企業なら、企業の運営の上で、資金調達のために、株式の公開以外に社債も発行するもの。株式と社債の一番の大きな違いといえば、返済義務である。覚えておこう。
【常識】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)は少しだけの資金だけでも想像以上の金額の取引が不可能ではありませんが、利益がどんどん大きくなるのと同じように損失も膨大な金額になる可能性があり、ハイリスク・ハイリターンの商品といえる。
【ポイント】金利に限らず株式、為替の3つの変動に結びついた値動きの商品に分散して資産投入しておくことで、株式で損失を被っても、金利または為替で発生した利益で補てんすることができ、損益の変動をなだらかに抑えることができます。

確認しておきたい。外貨預金って何?銀行が扱っている外貨建ての商品を指し、外貨で預金する商品。為替変動による利益を得られる可能性があるけれども、同時に損をするというリスクもある(為替リスク)。
当局は、第一に市場ルールや投資家自らによる自己責任原則を根本的な考え方とし、はっきりとしたルールに基づいたガラス張りかつ公正な金融行政の執行を徹底する必要があるため、専門性の高い検査及び監督を常に実行しているのである。
であるから「金融仲介機能」「信用創造機能」および「決済機能」以上、代表的な機能の総称を銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」といった業務それに銀行自身が持つ信用によってこそ実現できているのです。
【用語】先物取引の知識。「証拠金(補償金)取引」制度を取引に導入している金融商品である。だからささやかな資金からでも十分取引が可能であるため、ハイリスク・ハイリターンといった投資パターンも実現できるのだ。
覚えておこう、外貨両替について。例えば海外を旅行するときあるいは外貨が手元に必要な人が利用機会が多い。円に不安を感じているためか、外貨を現金で保有する場合も増えている。注意。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。

コメントは受け付けていません。