潤い肌に導くアンチエイジングに取り組むにあたって近頃耳にする機会の多い栄養素と言えば、コエンザイムQ10やαリポ酸という栄養成分でしょう。

これらはサプリメント商品としても購入可能ですが、これらを含む食品もあります。

コエンザイムQ10はというと、体内の様々な箇所の細胞に存在する補酵素で、主として二種類の働きをします。

一つは、体内に取り入れられた栄養分からエネルギーを作り出し、体の免疫力を上げるという働きです。
また、老化予防になる抗酸化作用によって、体全体の健康維持に役立ちますので、健康的な潤いのある肌を作ることができます。

この成分を豊富に含有している食べ物というと、魚ではイワシやサバ、豚・牛などの肉類、さらにはきな粉やナッツ類なども多いと言われています。

さらにビタミンEが入っている食べ物を同時に取り込むことによって、お互いの働きを高める効果もあります。
続いて、αリポ酸も補酵素で、抗酸化作用もあり、ブドウ糖をただちにエネルギーに変換させる役割があるのです。

この成分は粒子が細かいため、体中の至る場所に入ることができるという特質があります。

トマトやニンジン、ホウレンソウ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、牛レバー等がαリポ酸をたくさん含んでいることが分かっています。

これらの2種類の栄養成分は、体内にあるものではありますが、徐々になくなっていきます。
その結果、老化現象が止まらず、肌に潤いが不十分な状態になるのです。

あとは、食材から全てを摂るにはその食品量が相当数に上るので、現実には食事だけで満たそうとすることは不可能でしょう。

なので、サプリメントを上手に活用すると便利です。

個人的に肌の調子を決める一番のポイントは「腸」だと思う

腸の調子が悪ければお肌の調子も悪くなると知られている通り、肌と腸の健康は密接な繋がりがあるとされています。

長い間排便がなければ、肌が荒れてきたり吹き出物が出てきてしまったりなど、肌に問題が出てくる人がたくさんいるのです。
長時間腸に便があると、悪玉菌の好む環境となり有害物質が生み出されます。

そのせいで肌の血行にも悪影響を及ぼし、肌の新陳代謝も行いにくくなることから肌に吹き出物が出るなどしてしまうのです。

そういうわけで、便秘にならないように、腸の健康に気を付けることによって、潤い肌を取り戻すことができます。
腸内には、主に腸内環境を良くする善玉菌、逆に害を及ぼす悪玉菌、特に影響のない日和見菌という3種類があります。

けれどこの日和見菌と呼ばれるものは、腸の中に存在する量が多いほうにくっついていって、それと一緒に働こうとします。

ですから、便秘などで腸が健康でない時は、悪玉菌が増えている状態ですが、日和見菌がそちらに加勢することになり、悪玉菌が一段と腸内を占領するようになります。

とにかく、腸内の善玉菌の数を多くして、腸の状態を正常化させることが潤い肌への早道と言えます。
善玉菌を多くする場合、複数の方法が考えられますが、食べ物では、食物繊維や乳酸菌を多く含むものが良いでしょう。

乳酸菌が多いのはヤクルトやヨーグルトなどが有名ですが、腸内に存在する悪玉菌を減らす作用があります。

一方食物繊維と言えば、いも類やゴボウなどにたくさん入っていて、水分を含んでふくらみ、自らと一緒に有害物質を排出してくれる役割を果たします。

そして、胃腸に刺激を与えて便通を良くしますので、水分補給を忘れないという点も便秘を防いで肌に潤いを戻す役目を果たします。